同情されること

未開人の間では、同情されることに道徳的な恐怖心が抱かれている。同情されると彼らはすっかり徳を失ってしまう。同情を与えることは、軽蔑することと同じくらいのことを意味する。 曙光 135 序

経済的に貧困国とされている国の人達でも、金銭援助に対しては少し抵抗感を持っているというケースがあります。

もちろん実質的にはありがたいはずですが、同時に自分たちの非力さを肯定することになるからです。

これはもっと規模を小さく家庭などでも同じようなことです。

大人になって小遣いを貰っているという状況は、なんだか受け取り手の非力さを象徴しているかのようにも見えます。

非力さを肯定してしまう

こちらももちろん実質的にはありがたいような構造ですが、同時に「あなたには力がなく、困っているだろうから援助をしてあげよう」と無意識に非力さを刷り込まれていくような構造になっています。

同じ物、同じ金額を渡す場合でも、その奥にある動機によって、相手を侮辱し、相手自身の自己評価を下げてしまう事になりかねません。

非力さを肯定することを拒み受け取りを拒絶する

そして、逆にこうした「自分の非力さを肯定してしまうのではないか?」という抵抗感によって受け取ることを拒み、様々なチャンスを逃してしまう人もいます。

基本的に受け取ること自体は自分にとってプラスのはずです。

仮に自分が100億円持っていても、親が1万円くれるというのであれば、現実的にはプラスです。

そこまでいかなくても、ある程度の年齢になってから、何故かお金をもらうということがあった場合、一応実質的にはプラスです。

しかし、その奥にある心理によって、無意識の領域の心理によって、それはプラスにもマイナスにもなりえます。

人によっては、受け取りによって自分の非力さを無意識に肯定し、人によっては、そうした非力さの肯定をしまいと、受け取りを拒絶するということがよく起こっています。

受け取りつつも非力さの肯定をしない

ベストなのは、受け取りつつも非力さの肯定をしないことです。

そして受け取りという行動をもって送り手を喜ばせてしまうことです。

こうしたことに関しては、水商売の人はそれ以外の人よりも長けているでしょう。

ただ、それを自意識過剰に、そして誰かに対して意図的にお願いしたりするのは、貪りになります。特に若さや顔で「売っている」と思っているのならば、それは知らぬ間に毒を形成していきます。

何かの条件がないと、そうしたやり口は使えなくなる、という一種の恐怖心を作り、若さや顔への執着を作っていくからです。

それらは追々、自分を苦しめる原因になっていきます。

同情されること 曙光 135


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ