吊り橋効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

吊り橋効果吊り橋理論)は、吊り橋やジェットコースターなどガクガクするような緊張感を共有した体験すると、連帯感や恋愛感情が生まれるという効果。カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に提唱。

吊り橋効果は、よく恋愛心理学として出てくる心理効果です。男女が高い吊り橋を渡るとその緊張感と恋愛のドキドキを錯覚するというような説明がなされ、吊り橋効果を利用して意中の人と仲睦まじくなろうというような安物の解説です。

吊り橋効果(吊り橋理論)は、元は「生理・認知説の吊り橋実験」によってできた感情生起に関する学説ですが、安物の記事、安物の心理学の本、雑誌の心理学コーナーの常連です。「気になる彼を落としたいなら心霊スポットもオススメ」などという狂気じみた記事もよくあるのではないでしょうか?

異性に対する恋愛のドキドキと吊り橋を渡る時の恐怖心のドキドキの区別がつかないというようなことが言われますが、ニーチェが「人間的な、あまりに人間的な」で言うように「苦しみを共にするのではなく、喜びを共にすることが友人を作る」ということで、あまり苦しいような経験を共有してはいけません。

ドキドキの区別がつかないから、ということでまさに字のごとく「錯覚」です。錯覚なので、騙しなわけですから、こういうことでくっついたとしてもそれは錯覚による結び付きなので小手先にしか過ぎません。

そのような錯覚、吊り橋効果を利用してで出来上がった仲などたかだか知れています。

小手先の心理テクニックで、「恥をかくリスクを低減させながら恋愛を成就させたい」というスケベ心全開です。

仮にドキドキして恋愛感情が芽生えたとしても、「吊り橋効果を狙っていた」とバレた時には寒気がするものです。

安物の記事や小手先の心理テクニックに翻弄されることなく、好きな相手にはまごころでぶつかっていきましょう。

ただ、吊り橋効果の利点として、「ビビっている姿を見られてしまった」という意味で、今後カッコつけにくいという効果は確かに良い側面かもしれませんね。

基本的にビビるような経験の共有というよりも感情の振れ幅が大きい出来事はたいていビビるような経験です。強烈な感情を経験しているので忘れにくいことは確かです。楽しいだけなら実はそんなに感情は動いていません。後に想起しやすいという意味で確かに親密にはなりやすいのかもしれません。

しかしながら、こんな小手先のドキドキで、互いに吊り橋効果に騙されたまま一緒にいていいのでしょうか。本質的には合わないかもしれない人同士が、錯覚でくっつくことがいいことなのでしょうか。

使い回しの心理学特集の常連である吊り橋効果など気にもとめず、本音でまごころを伝え合う世の中の方が素晴らしいはずです。

吊り橋効果(吊り橋理論)は、緊張感を一緒に経験すると、連帯感が生まれるというのが一般的な説ですが、十代の頃、ヤンキー20人に囲まれたことがあります。その時こちらは3人でした。そのうちの一人は、その当時も今も親友ですが、もう一人(あまり深い仲ではありませんでした)は、その事件後一切口をきいてくれなくなりました。ダットンとアロンはこれをどう解釈するのでしょうか。

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ