倫理と愚化

風習とは、利益になるあるいは害になると思われるものについての、昔の人間の経験を代表する。

― しかし風習のための感情(倫理)は、ある経験そのものに関係しないで、風習の古さ、神聖さ、明白さに関係する。そしてこれによってその感情は、人が新しい経験を重ね、風習を修正することに反対の働きをする。

倫理は人を愚化する。

曙光 19

株式会社は利潤の追求を目指しますが、利潤が最大化するように働かせるために組織化し、階層化したりします。

その組織化・階層化の最大の目的はあちらこちらで個性を出されるより、ある安定的な手法、明確な意思決定基準や判断機関の構築などによって、物事を簡易迅速に行うためです。

手段が意志になる

本来は何も決まっていおらず、また何が正しいのかもわかりません。しかしながら、人は原則的に自発的多発的問わず、「決まらない・決められないと動けない」という性質をもっています。

そして、議論している最中もエネルギーは常に消費しているため、栄養を摂るという行動をしないと死んでしまいます。

そこで得られた、「栄養獲得のための経験」、それ自体はひとつの手法としてただ存在しています。ここで問題になるのは、その手法のある部分だけに着目して勘違いが始まることです。

命令系統というのはひとつの手段であり、利潤を最大化するための意思決定や行動の迅速さを確保するためにありますが、そのためのヒエラルキーの上位にいることを「偉い」と思ってしまうようなことです。

そして、偉いことを条件に、その他の分野に関しても、同じような行動をとってしまうことがあります。

確実にそのヒエラルキー外にいる人に対しては、逆にそれが通用しないことを感じていつもより弱気になったりします。これは体育会系でよくあることです。

「意志」に反する経験を排除

また、その手段自体が持っているある種の「意志」に合致しない経験を排除するといったようなことが起こります。手段にはそのひとつ高いところに「目的」のようなものがあったはずですが、目的よりも手段が上位に立ってしまっている、という現象はたくさんあります。

わかりやすい例で言えば、仮に不幸の感情が押し寄せている時に、「幸せになりたい」と思い、いろいろ探しますが、結局ある新興宗教にハマったとします。

それで不幸であるという「感情」がある程度抑制されたりしますが、そのため、その新興宗教の理念などに合致しないものは経験として排除していくというようなことです。

幸・不幸自体がある意味で虚像

少し語弊がありそうですが、不幸であるという認識や感情を「無くそう」というような試み、またその方向性自体は結構ですが、そういった目的に対しての手段に、結局足元をすくわれるというような構図になっています。

本人が幸せならそれでいいじゃないか、というような意見もあります。しかし断言できるのは、幸・不幸自体がある意味で虚像です。無形であり、あってないような一種の感情であって、それは常に変化しているものです。

そういう浮き沈みに、いちいち一喜一憂しないような位置があります。何かの行動などを条件化して幸福を追い求めている限り、おそらくそれには気づくことができません。

念仏三昧のような手法がありますが、あれも催眠に近いような状態で、脳をバグらせているだけ。感覚はつかめるかもしれませんが、次元の低いお話です。その間、自我機能が低下して、モヤモヤが消えたように思うだけで、しばらく経つとまた元通りです。

しかし、そんなことは関係ありません。本人がどう感じていようが、幸・不幸は元から存在していません。強引に言えば、状況がどうあれ、ある意味でその人は幸せなはずです。

倫理と愚化 曙光 19


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ