何としばしば!何と思いがけない!

世の中には「思いがけないこと」がたくさん起こります。

今年に入って同窓会がありました。そこで、当時あまり同級生には視聴者のいなかった「タートルズ」を共に観ていた同じ町内の同級生に成人式以来に会いました。彼は途中で他府県の学校に行ったので、それからほとんど知りませんでしたが、何と今は近くに住んで家業を継いでいるというのです。

それも最近ではなく、かなり前から近くに住んでいるというのですが、一度も会ったことはありませんでした。

しかし、同窓会の三日後、近くの道で台車を押して歩いている彼に会いました。その時の気まずさは、なんとも言えないものでした。

彼との関係が気まずいわけではありません。今まで気付かなかったとしか思えない、「見過ごし」に驚いた、ということです。

思いもよらないような偶然

さて、これは直近の「まだよくある話」ですが、本当に思いもよらないような偶然がよく起こります。

特に20代前半から起こりだしたのですが、友人と、買い物に出かけて同級生の話をしていたら、その同級生とその家族にばったり会ったり、その帰りの電車の中で別の同級生の話をしていたら、僕達の後ろにその同級生がいたりと、仕組まれているようなことがよく起こるようになりました。

さらに驚いたのは、昔の職場で一緒だった人に、京都駅ではなく、岡山駅でばったり会ったことです。地元が岡山だというのならわかりますが、その人は大阪です。たまたま同じ日に同じ時間、旅行できていてばったり、ということのようでした。

昔、知り合ったばかりの三人で夕食に行くと、その三人の誕生日が連日だったということがありました(例えば1/1、1/2、1/3といった具合です)。大昔の勤め先で昼食をとっていたら、後ろの席の人が昔の彼女のお姉さんの彼氏だったり(以前にどこかで会っていたようで、話しかけられました)、転職したらその同期の中に友人の弟がいた、など、普通ではありえないようなことが起こります(地元の零細企業ならわかりますが大きな会社です)。行動形態が似ている、だけではちょっと説得に欠けるような出来事でした。

カワバンガと同級生

今思い出しました。定義集に「カワバンガ」を追記したのが、昨年秋ごろです。するとセブンイレブンにタートルズのポスターが貼りだされるようになりました。懐かしんでいると、タートルズ仲間の同じ町内の同級生に再会するという運びです。

何としばしば!何と思いがけない! 曙光 276


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ