他人を喜ばせる

人を喜ばせることはなぜすべての喜びにまさるのか?― われわれはそれによって自分自身の五十もの衝動を一度に喜ばせるからである。ひとつひとつのものは極めて小さな喜びであるかもしれない。しかし、もしわれわれがそれらすべてをひとつの手の中に入れるなら、これまでかつてなかったほどわれわれの手は一杯になる。― そして心も同様である!― 曙光 422

人を喜ばせる最たるものは、自分が喜ぶことです。

人が喜んだところを見て喜ぶのが正しいのであれば、他人のそうした行動を受け入れて、その人の行動の正しさを示すことも逆説的に「人を喜ばせること」になります。

少し換言すると、相手は「人が喜んだ」ということを自分が確認して、「自分が喜びたい」というものを持っているとします。

そしてその動機が元で自分に対して何かの行動をしてくれるとします。

で、相手としては自分の行った行動の結果として、僕が「喜んでいること」を確認したいはずです。

その結果しだいで、「人を喜ばせる」ということの結果としての自分の喜びが得られるか得られないかが変化します。

ということで、相手が「人を喜ばせよう」として行った行動に対する結果を自分がきちんと示すことは、「喜ばせようとしてくれた人」に喜びを与える行動になるということです。

例として示した場合は非常に簡単です。

何某かのプレゼントを贈った時に、相手が泣いて喜んでくれるのが良いか、それとも、「ありがたいですが、このような高価なものを受け取ることはできません」と理性的に返されるかどちらが嬉しいかということです。

それが高価なものでなくとも、例えば、ほとんど原価がかからないようなモノであっても、相手が喜ぶか感情を動かさないかによって、贈り手の喜びは非常に大きく変化します。

そして、贈り手を喜ばせようとするのならば、同じようなお返しをしてバランスを取ろうとすることよりも、心をオープンにして喜び切ることです。

その場合に、データを持ち込むと意識にノイズが入ります。

貰った物が世間では安物とされているとか、あまり質の良いものではなかったとか、過去との比較によって現状を判断する必要はありません。

相対的比較の中で喜びのバロメーターを思考のフィルターで上下させなくても、単に「ありがたい」のです。

「人を喜ばせよう」ということで、物事が考えられる時、自分が何かの行動を起こして相手を嬉しい気持ちにさせることばかりが考えられがちですが、「相手の行動に対する自分の反応」が相手を喜ばすことにもなります。

ともすれば、自分が喜ぶのではなく相手を喜ばせないといけないというようなことも語られますが、自分がしっかりと喜ばないことは相手の好意を無下にすることにもなるのです。

ということで、謙遜やマナーを意識しすぎて、喜びの感情を抑える必要はないどころか、相手を思うのであればより一層喜びを感じきるほうが良いのです。

さらに、自分が喜ぶということは、皮肉に対する反撃にもなります。

皮肉が大好きな京都では、お歳暮にビールを贈らずに発泡酒を贈ってしまうと、「あなたには廉価版がお似合いだ」という意味に捉えられかねません。

仮に発泡酒を贈られ、裏に悪意のある皮肉としての隠喩を示された場合でも、喜びを示してしまえばこちらのものです。

変に敵意を出したり、落ち込んでしまえば「してやったり」と思われますが、落ち着いて喜んでいれば、「一本取られた」という状況になります。

少し前、ホームレスの方に「針のついていないルアー」を貰ったというような思い出について書きましたが、貰ったものがそうしたものでも心をオープンにして喜ぶと世界は愛で満ち溢れていることに気づきます。(孤独な人々に

そのルアー自体の物理的・商品的価値があるという目線で判断するよりも、今現状でも僕の中では「面白い思い出」として残っているのですから、そうした面で評価をしていくと良いでしょう。

他人を喜ばせる 曙光 422


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ