人生サーファー

生きていれば現象としての波があります。

万物は常に安定などせず、流転しています。

その波に一喜一憂しているのは、波に飲み込まれているからです。

いっそサーファーになるといいかもしれませんね。

波の上に乗ってみてください。

すると楽しいだけです。

浮き沈みがあっても、その上に立っているのだから溺れません。

苦しいどころか余計に楽しいだけです。

もう一段階すすんで、ただの流木をイメージしても面白いかもしれませんね。

人生という名の航海

「人生という名の航海」とは、たまに聞くフレーズです。

ただ、大きな波が来ると、船は沈みます。

「大船に乗ったつもりで」

などといっていても、座礁などすれば、すぐに沈んでしまいます。

水の上に鉄板なんかで挑むからそんなことになります。

大きな波とは、すごい嬉しい出来事やすごく悲しい出来事あたりでしょう。

自分を満たしてくれる存在として、変な教祖や水商売の人に「嬉しさ」をもらっても、それはそれで人生は壊滅してしまう恐れがあります。

そこまで極端にならなくても、「出世した」ことに喜びを感じるのはいいですが、降格を恐れるようになるかもしれません。

死別によって、「悲しさのあまり沈みっぱなし」、ということもありえます。

いずれ自分か相手か、どちらかが先に死ぬ、もしくは同時に死ぬ、ということをわかっているはずなのに、すぐに「永遠」を安くで契約してしまうのが思春期です。

相手が死ぬことは、本当は悲しいことではありません。「アイツ」が泣いているのです。

「アイツ」のために、慈悲の心を持ってしばらくはアイツの自由にさせてもいいですが、主導権だけは渡してはいけません。

ちょっと海に潜ってみるのは構いませんが、海底まで沈められて、もう海上には上がってこれない、というのは苦しいだけです。

いっそ派手な「豪華客船」などにならずに、流木のようにただ、漂ってみるスタイルがいいのではないでしょうか。

ちょっとは沈んでもまた元通り。

結構いいと思いますけど、いかがでしょう。

人間というのは力むと水の中で沈んでしまいます。

力を抜くと浮きます。

非常にわかりやすいことなのに、なぜかそれを忘れてしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ