二つの異なった状態のために一言

本書「曙光」では情熱に駆られた状態のときについて述べていますが、ここでひとつ、意志決定について少しだけ触れようと思います。

胡散臭いコンサルをはじめ、胡散臭くない人であってもよく言うのが、「経営者に必要な能力は決断力だ」ということです。

まあ間違いではないでしょう。

何かを決めるときは、目の前の選択肢の中から選ぶわけですが、選んだ瞬間、他の選択肢を捨てることになります。時にイイトコどりということもできますが、概ねそんな感じでしょう。

選択肢の中から選ぶ

「車の運転が上手い人は、仕事もできる」とよく言われますが、全ての運転操作がはっきりしている人と、停止線からちょろちょろちょろと進みながら発進自体はどんくさいおばさんを比較すればわかりやすいでしょう。

調理も同じです。火力を使う料理が上手い人は強火で表面を固めて、旨味を閉じめる際に思い切りがあります。

料理が下手な人は、この思い切りがなく、「失敗したらどうしよう」と、ちょろちょろ弱い火力で作るからこそ、灰汁が出て旨味も逃げてしまう、というような感じです。

生きていれば選択の連続

経営に関わらず生きていれば選択の連続です。その際に安全を再優先して、行くのか行かないのかはっきりしない、「ちょろちょろ運転」の方がかえって危ない事は言うまでもありません。

「失敗したくない」

という恐怖心ですが、残念ながら失敗しても大した損失が出ないことがほとんどです。

停止線からちょろちょろ前に出るのは、できるだけゆっくり少しずつリスクを減らしていこうというようなことを意図しているのかもしれませんが、かえってリスクを増大させていることに気づいていません。

婚活中の人も同じです。

では、なぜこのようなちょろちょろ運転になるのでしょうか。

一段上での意志決定・リスクの過大評価

それは、そのもう一段上の段階での意志決定がなされていないからです。そしてもうひとつは、リスクを過大評価していることです。

問題は目の前の選択肢の条件ではありません。

その一段上の抽象的な意志決定において、軸がないからです。

そもそも何がしたいのか、ということと、損失が起こっても軌道修正や損失の許容ができるか否か、というだけの問題で、ふらふらしていることのほうがずっとリスクであることに気づいている人はあまりいません。

未知のものに恐怖心を抱くのは普通の反応ですが、損失が出た場合、それほど気にするような損失なのかを考えたほうが良いでしょう。

二つの異なった状態のために一言 曙光 502


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ