三島柴胡(ミシマサイコ)

三島柴胡(ミシマサイコ)は、セリ科ミシマサイコ属(ホタルサイコ属)の多年生草本で、日当たりの良い山や野に多く生えています。葉は単葉。草丈30~50cmで花期は8~10月。花期には小さな黄色の花を多数咲かせます。

ミシマサイコの根に解熱、鎮痛作用があり、胸のつかえを治し、呼吸器病、肋膜炎、胃腸病、間歇熱に用いられるようです。静岡県三島から、この生薬材料を出したので「三島」という名前が付いているようですが、本州・四国・九州と国内に広く分布します。

ミシマサイコは、乱獲され絶滅危惧II類(VU)に分類されているようです。

この三島柴胡(ミシマサイコ)も、薬用秋の七草のひとつです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ