一番籤(くじ)

これは非常に珍しいことであり、しかも人を有頂天にするものである。つまり立派に形成された知性を備え、そのような知性に属する正確も、好みも、体験でさえも持っている人間のことである。 曙光 458

最近やたらにコンビニで「700円買ってくじにチャレンジ」が多いですね。

繁忙時間の混雑を避けるために、当たりばっかり入っているくじボックスを用意して、早急に当たりくじを消化するということが多いのか、たいてい当たります。先日は1400円ちょっと買って二枚とも当たりでした。

そういえば前に、当たりクジの商品が店内に無い、ということがありました。当たったのに交換商品がないという具合です。

在庫切れではありません。根本的にその店は仕入れていないのです。

そもそも当たったのは新商品であり、同系列の旧商品は店内にありました。デザインチェンジというわけではなく、旧商品がプレーンだとすると、当たった新商品は「梅しそ味」と行った感じです。

「他の店で交換してもらってください」

とバイトに言われました。

店長を呼びました。

そしてコンビニのフランチャイズ本部にその場で連絡しました。

他の店まで行く手間はタダではありません。

時間も労力もタダではありません。

そういうわけで、旧商品と交換になりました。

店舗オーナーの「ではお店まで」

こういうことは、特にいまに始まったわけではなく、なぜか店舗運営者というものは、自分たちの不手際であっても、相手に自分の店まで来るようにと言ったりします。

「そうしましたら、商品を持ってご来店ください」

A ふざけるな

ということです。

店舗まで行くのはタダではありません。

どうして相手の不手際にこちらが時間労力、下手をすれば交通費もかけなくてはならないのでしょうか。

どういうつもりで、気安く「それではお店まで」と言っているのか疑問です。

世の中にはシャンプーの営業のようにおかしな人がいます。

まあ、それはそれで、当然にしかるべき方向性に経営は傾いていくでしょう。

一番籤(くじ) 曙光 458


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ