一体隣人とは何だろう!

われわれは一体隣人について、彼の限界― 彼がそれでもってわれわれにいわば印づけ、印象づけるもののことを私は考えているのだが― 以外の何ものを把握するだろうか?われわれは彼について、われわれを変化させること― その原因は彼であるが、以外の何ものをも把握しない。 曙光 118 前半

 「一体隣人」という字を見て「いっぽんでもニンジン」を思い出してしましました。「動物園の帰り道」で出てきた「およげたいやきくん」のB面ですね。

うさぎの場合は隣人ではなく隣兎ということになるのでしょうか。

そういえば最近、養子のウサギに人参をあげる時にこの歌を歌いながらあげることにしています。具合が悪くなった時に、薬を服用するためのにんじんジュース用に買ったものの、ジュース以外にも小さく切ってちょろちょろあげていました。今のところこの歌を歌い始めると「にんじんか!」と反応しますが、歌詞付きです。おいおいメロディだけでも反応するのか、ということを教育しています。

隣人愛、隣人愛、とはいうものの、なぜ人限定なのでしょうか?

黄金律(マタイによる福音書7章)については以前に触れましたが、なぜ人に限定なのでしょうか。

人に限定するから話がおかしくなります。そこで「人とはなにか」という議論になり、人の定義の問題になり、人でない場合は黄金律が適用されない、というような論理上の欠陥があります。

人に限定したけちくさい考えなど捨てて、心を持ったあらゆる生き物に対して慈しみを。

一体隣人とは何だろう! 曙光 118

 

この投稿を公開してから、ある日「いっぽんでもニンジン」の歌詞を思い出せなくなり、「いっぽんでもニンジン、二足でもサンダル…」と繰り返していましたが、「よつぶでもごましお」までは良かったものの「5は?」で詰まってしまいました、「六羽でも七面鳥」以降は思い出せたのですが、「5」だけ思い出せません。

帰ってからもう一度動画を見て「ごだいでもロケット」ということを再確認しました。

うーん覚えにくい。。。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ