モテるオスは不幸である

「英雄色を好む」という言葉にとらわれていた友人がいました。

その言葉に振り回され、同僚や後輩たちの手前「本当は早く帰りたいのにお姉さんに粘ってみる」という行為を繰り返していました。

実際にパワーのある人は盛んであることは確かです。

英雄ヅラをしたくて、盛んなふりをしていたというのです。

しかしそんなことはくだらないことだということに気づいて、今では真っ先に帰るそうです。

モテるオスは不幸

実際にいい思いをしたり、同性からは羨ましがられるだろう、ということで、モテることはいいことのように思いますが、いいことだらけではありません。

不幸なことのほうが多いと思います。

「モテるオスは幸福」というのは、モテないオスの想像の範囲での妄想であって、あるラインを超えると、モテるオスは必然的に不幸であることに気づきます。

そのラインというのは、一度でも誰かを本気で好きになった時です。

たくさんの人に囲まれることなど、何も嬉しい気分にもなりません。

ただ唯一のその人といたいのに「たくさん相手のいる中のひとりなのね」などと言われた日には、近寄ってくる他の人を蹴り散らかしたくなります。

ただ一人と長い付き合いをしないと経験できないようなことを繰り返すたびに、「数」は何の意味もなさないことに気づきます。

それでも、まだ、たくさんのメスが近寄ってくるのです。

そんな時、本当にモテるオスは幸福だと言えるのでしょうか。

支配の引力から逃れる

ほかの著書に書いてありましたが、オスは○玉に支配されています。

ここでいう支配とはその生産工場についてです。

三大欲求のうち、排泄に分類されます。

オスが「異常に盛ること」が理解できないというメスがいますが、あなたはおしっこを3日我慢できますか?

これは本心で盛っているのではないということです。

支配によって、駆り立てられているだけです。

しかし、この支配の引力からは逃れることができます。

その気になれば、主従関係を逆転させることができます。

そうなると、愛するための強力なパーツとしてのみ活躍してくれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ