モテより大切なこと

本当はモテたいわけじゃなくて、モテてるところを他人に見せて羨ましがらせたいだけのこと。そんなつまらない優越感だけのために我々は悩んできたわけです。

もっと好きに生きたらいいんじゃないですか。

「アンチエイジングが趣味」とか本当かな、と思います。

世界に誰ひとりとして「見せびらかせる人」がいなくなった状態でも、なぜかやり続けてしまうものが好きなことです。

カッコイイ、カッコ悪い、そんなことを気にせずに生きればかなり身が軽くなります。

苦しんでいる人は、+αのポイントばっかり磨くことにムキになっていて、本質的な部分を直視しないで生きようとしています。

「モテ」のコーナーなので、それに沿って考えていきましょう。

まず、本質的か「+α」の部分かを見分ける簡単な公式があります。

それは「離婚の抑止力として機能するかどうか」をベースに考えてみる、ということです。

かっこいい髪型をしていたとします。

それをもって離婚を考えている人が、離婚を思いとどまるでしょうか。

おそらくノーだと思います。

同様に、「ピアノが弾ける」という能力があったとします。

それが抑止力につながるでしょうか。

次に、風邪の時に看病してくれた「記憶」があるとします。

それは、もしかしたら抑止力になるかもしません。

以前、若くに結婚して、式を挙げられなかった夫婦が、結婚5周年の時に式を挙げました。

そこで、新郎(新しいのかはさておいてください)が、新婦へのメッセージと題してスピーチをしていました。

かなり挙動不審です。おろおろおろおろしながら、マイクに顔を近づけました。

「ぼ、僕は、口が上手くないので、気持ちをうまく伝えることができません。ですから、ちゃんと働いて、精一杯働いて、その行動で、彼女に気持ちを伝えていこうと思います」

そして、新婦のアンサーソングです。

「熱があるときに『仕事を休んで!』って言ったのに、手を振りほどかれた時には、ただの男のつまらないプライドだと思っていました。でも、いまその意味がわかって、私は世界一幸せな奥さんだと思いました」

いやぁいい男だなぁ。いい夫婦だなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ