ベビーフェイス効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

ベビーフェイス効果ハロー効果の一種で、幼児性のある顔、つまり童顔は、かわいく、無垢の心をもっている、と印象づけられ、大人であっても、柔らかく優しく、温もりのある人だと思われるというとんでもない勘違い。「デブは優しくて怒らない」も同じような現象で、人相をはっきり区別できていない人にだけ通用するような効果です。

猫やうさぎの猫背感が赤ちゃんを想起させるので、「本能的に可愛がる」といった傾向があるようですが、そのような動物は特に危害を加えてはきません。しかし、ただ単にベビーフェイスだからといって、幼児的な印象から錯覚してしまうのはいい傾向だとは思えません。ベビーフェイス効果に注意しましょう。

童顔、ベビーフェイスの奥にある人相

ベビーフェイス効果に騙されないように、童顔、ベビーフェイスの奥に見える人相についてよくよく観察してみましょう。生まれつきの顔、つまり先天的な要素というより、シワや口角など後天的な顔つきを観察した方がいいでしょう。

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ