シャンプーの営業

もう何年も髪を切りに行っていません。

自分でバリカンでやっております。

最近でこそ坊主頭ばっかりしていますが、髪が長い頃もありました。

一番長い時で肩くらいまでありました。

中途半端な髪色が嫌だったので、染めるときはそれなりの激しい色にしていました。

たまにパーマもあてていました。

どうして、坊主にしたか。

それは、年々薄毛になってきていることも理由ですが、どちらかというと髪を切りに行きたくないというのがあります。

当時も自分でやるか、友達にやってもらうか、友達のお母さんにやってもらっていました。

あとは、手入れいらずという点でしょうか。

ネパールに旅立つときに、ついでに0.5ミリにしたのがきっかけですが、それ以降、坊主頭というものに病みつきになってしまいました。

カウンセリングシート

世の中には頓珍漢な音痴がいます。

髪を切りに行くと、変な用紙を渡されたことがあります。

「髪質は? 硬い 柔らかい 普通」

触ったらわかりませんか?
それに僕は自分の髪しか知りませんが、本人たちはいろんな人の髪に触れているはずです。

硬い/柔らかい/普通はあくまで相対的なものです。

ほかの何かと比べて決まる性質があります。

たとえば、「贅沢微糖」なら、「エメラルドマウンテンブレンド」よりは甘くないですが、奥大山の天然水よりは甘いはずです。

確かに甘いですが、黄金糖よりは甘くないはずです。

でも、ココイチのカレーよりは甘いはずです。

もういいですか。これくらいにしておきましょう。

それはまだいいほうです。

そのカウンセリングシートの下の方には次のようなことが書いてありました。

  • 自分のことをたくさん話したい
  • 話すのは苦手なので話しかけて欲しい
  • 話しかけて欲しくない

。。。

。。。

どこにでも音痴はいるものです。

サービスのつもりでしょうが、そんなことは少し話せば分かることです。

先の質問も触ればわかることです。

当然に「話しかけて欲しくない」を選択しました。

シャンプーの営業

「市販のシャンプーは合成の素材が多いので、頭皮に良くないんですよー」

遠まわしに営業してきました。

人が身動きも取りにくい状況で、です。

当然、僕は軽くあしらいます。

そして、頭をマッサージしながら、その力はどんどん増してきました。

「薄毛の原因にもなるんですよー」

いらいらを僕の頭皮にぶつけてきました。

訴えてもいいですか?

いえ、数ヵ月後、そこは「貸店舗」になっていました。

もう矛先もありません。

わかりやすいですね。

変な張り紙

カウンセリングシートと同じような感じで、

「この個室の利用時間は3時間です。時間になったらすぐに退室してください。ほかのお客様もこの部屋を利用したいのです」

という張り紙を見たことがあります。

言い草が危ないですね。

言いたいことはわかりますが、言語表現一つで、読む方の気持ちはかなり変わります。

同様の内容を伝える時でも、日本語は表現の幅が豊かなので、たくさんの表現方法があります。

お客様は神様ではないですが、友達でもありません。

「以前、無責任な親が子供を放置したため、階段から転落するというケースがありました」

という張り紙もありました。

イライラをぶつけたいだけではないかと思ってしまいます。

転落を防ぐための注意喚起なら、

「以前、お子様が階段から転落するというケースがありました。誠に恐縮ながら、当店の階段は急な勾配になっており、つまずきやすくなっております。過って転落されると大変危険ですので、小さなお子様からはお目を離されないよう、お願い申し上げます」

など、同様の内容でも他の表現はあるとおもいます。

どこにでも音痴はいるものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ