アフォーダンス理論

すぐにお役立ちの心理学が満載

アフォーダンス理論とは、環境が動物に対して与える「意味」のことであり、動物と物の間に存在する行為についての関係性そのもの。過去の体験をもとに特定の条件に特定の行動が結び付けられるという効果のことであり、人と、物などの外部環境との関係性をその人に伝達する事であり、「ある行為に誘導するためのヒントを提示すればその行為に及ぶだろう」という胡散臭いコンサルが大好きそうなことです。
アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによる造語。ジェームズ・J・ギブソンは知覚の研究を行うにあたって、ゲシュタルト心理学より大きな影響を受けた研究者のようです。

環境の中に動物の行為に影響を与える
情報が存在する

環境そのものに動物の行為をうながす様々な情報が存在するという図式ですが、動物はその情報をもとに行動し、その動物の行動により環境に内在する情報も変化します。因果律から言えば当然のことで論ずるまでもありません。

環境の中に情報があり、それによって動物の行動も変わりますが、動物が行動を起こした時点で、その動物を取り囲む環境も変化するのは当然です。一歩歩いただけでも運動エネルギーは風などになったり、一呼吸すれば酸素と二酸化炭素のバランスは変わります。

そうなると、瞬間瞬間で環境も動物も互いに変化していなければおかしいはずです。

「空間をデザインし、行為をデザインする」といった、マックユーザーしか認めないというデザイン系の「自称美学を持った人」に、「ほら、こういう裏付けがあるんだ」と安易に利用される心理学理論ということは紛れもない事実なのですが、世の中ではあまり語られません。

マーケティングにも応用できるからといって、堂々とセミナーで教えたりしますが、この理論は、総務課が社内全体集会の時に「営業部はこの列」と書かなくても、営業部長が先頭に立っていれば、自分はこの列に並ぶんだろうなぁ、と思ってしまうということであり、駐車場に白い白線が引いてあったら駐車スペースはその間なんだと思ったり、アフィリエイターが動画はこちらと矢印の先に動画のタイトルをつけているようなものです。実際に矢印の先に飛んでみたらブログランキングのカウントのためだったとか、別のアフィリエイトサイトだったとか、そういう騙しも世の中にはたくさんありますね。

「ある行為に誘導するためのヒントを提示すれば、その行為に及ぶだろう。だからこちらの都合の良い風に誘導してやろう」

ということです。

自分都合だけでなく、双方のためになるようなことでないと、その邪念から嫌われていくだけです。

アフォーダンス理論を利用した、「ある行為への誘導」そのものが合理性のないものならば、それはただ単に人を欺いているだけの行為です。

それがバレた時の信頼失墜のほうが取り返しがつかないことを肝に銘じたほうがいいでしょう。

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ