めったにない節制

他人を判定しようとせず、他人について考えることを拒むのは、しばしば人間性の少なからぬしるしである。 曙光 528

めったにない節制、ということで、浪費家についてでも書いていきます。

もちろん「お金を貸す人借りる人」で触れているような、すぐにお金を借りてしまう人です。お金を借りるまではいかなくとも、「給料日が待ち遠しい人」もだいたい浪費家です。

「給料日前だから」という縛り

僕の感覚からすると、小学生の時から「給料日前だから」という理由で行動に制限がかかってしまう人の神経がわかりません。

普通に考えると、例えば一ヶ月でもいいので少し節制して、貯蓄残高に余裕をもたせた場合、「給料日前」という縛りはすぐに無くなると思うのです。

給料日が25日でも少しばかりの貯金があれば、23日に遊びに行くとしても余裕です。

そこで使ったから節制しようと思った場合、2日間の「自分対自分の短期融資」だと思えば、何の問題もないはずです。

ところが、なぜか「今日は給料日前だからあまりお客さんが来ないんだ」という声を昔からよく聞きます。

「みんなどんな資金繰りなんだろう?」

そんなことを十代から考えていました。

自尊心回復の手段

たまに人に奢って「よ、男前!」などと言われることをライフワークにしている人がいます。

別にそれはそれでいいのですが、その奢るという行動の動機自体が「よ、男前!」の獲得であり、それを自尊心回復の手段としているところに問題があります。

浪費家の大半というかおそらくすべての浪費家は、お金を使うことで自尊心を回復しようとしています。

「褒め」を欲したり、はたまた自分には力があることを確認したいというものだったりと形は様々ですが、荒んだ心を回復させるためにお金を使います。

何度も触れていますが、本来は自尊心自体が虚像であり、虚像故に自尊心の回復というものは不要です(というより成り立っていません)。

節制しようとも浪費しようとも思わない

まあ個人的には「無駄なことはしない」という意味では節制しているのですが、いわゆるケチに分類されるような出し惜しみも、逆に浪費というものも、共にそうした動機となる感情がないので、どちらにも意識が向きません。

消費者金融というコトバ

最近では「コンシューマーファイナンス」と言う言葉で覆い隠していますが、これは元々サラ金と呼ばれたり、正式にも消費者金融と呼ばれていました。

では、なぜ「消費者」の「金融」なのでしょうか?

企業でも同じようにお金を借りるのに、何が大きく異なるのでしょうか?

それはすごく簡単です。

通常、「金融」は一部例外を除き、担保の設定の上などで、返済原資が獲得できるであろうものに対してしか行われません。

工場が新しい機械を買う、そうすれば、新しい機械で生産することができる、もしくは生産効率が高まる、そして結果的に利益が出る、という感じで、「お金を生み出すこと」や「お金を生み出す可能性」に対して融資というものは行われます。

一方消費者金融は、借りた人が消費するだけ、つまりは「遊んで無くなるお金」です。貸したお金を使って、何かの生産を行うわけではなく、ただ消費するだけで、今現在消費するためのお金がない人に対して、「遊ぶカネを貸す」という事になっています。

だから単純に「浪費家のためのサービス」という感じです。

これで、「給料日だから今日は無理だ」となっていた浪費家たちが、「とりあえず借りて遊ぶ!」ということが可能になりました。

めったにない節制 曙光 528

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ