まだ十分ではない!

ある事柄を証明するのは、まだ十分なことではない。人はまたさらに人間を誘惑してそれをさせたり、人間をそこに高めたりしなければならない。それゆえ知識のある者は、その知恵を語ることを― しかもしばしばそれが愚かなもののように聞こえるほど― 学ぶべきである! 曙光 330

学んでも学んでも、まだまだいくらでも学べるものはあります。

しかしながら、大抵のことは学んでも仕方ないようなことです。いつか何かの役に立つことはありますが、遠く離れた妄想の先にあるような事柄よりも、主要な事柄に集中したほうがいいのは当然です。

「学ぶことはいいことだ」

と一元化して、何でも「学んでいるから」という理由で、全てが免責されるということはありません。

社員研修などでは、「この点を重点的に学んでください」と会社などから、しかも会社の負担でやっていますから、それはそれで構いません。

しかし、最近横行している資格ビジネスのように、学んでも仕方ないようなことを学んでも本当に仕方ありません。その勉強した内容で、何か事業をしようとしていても、もしかしたらお客になっているだけかもしれません。

お金を払って学ぶということは、責任のようなものが無いのである種のストレスはありませんが、学ぼうと思えばどこで何をしていても学ぶことはできます。

それがバイトであれ、家事であれ、ただの散歩であれ、学べる要素、気付ける要素はたくさん転がっています。

スマートフォンの害

近年、スマートフォンが普及して、ブルーライトが目に悪い、支える小指が変形するなど、様々な問題が囁かれていますが、そんなことは些細な事です。

「歩きスマホが危険だ」

という事を言いたいのですが、交通の邪魔になるというのはさておき、最も危険なのは、集中力の低下です。

どういう意味での危険か。

その一つは

「スマートフォンでやっていること、得ている情報がしょうもない」

です。

電車の中でスマートフォンを使って情報を得る、情報を処理するというのはいいですが、見ている内容がしょうもない、やっていることがくだらない、ということです。

ビジネス的な会話もあるでしょう、予定の段取りもあるでしょう、しかしそれ以上に、時間だけでなく意識の浪費、神経の浪費がすさまじい事になっていると思います。

どうして知っているか。

A 覗き見しているからです。

それより何より、スマートフォンに集中するあまり、せっかく目の前に転がっている「リアルな情報」を見逃しているということです。

携帯電話が普及して、特に高校生くらいの時にiモードなどが出だした時からほとんど変わっていませんが、無意識的に携帯電話に意識・集中力を奪われているはずです。

以前、大阪で置き引きに遭った時に、財布がない状態で気付いた時と同じような感覚です。

何かを所有すればするほど、意識が少しずつ奪われている、という感覚です。

特に発信受信ができる媒体はそうでしょう。

もう既にスマートフォンは使っていませんが、もし使うなら、使う局面を確実に定めておくことです。

と言っても個人的にはもう一生スマートフォンを買う気はありません。

持っているiPhoneは、iPod代わりに使うことはありますが、データ通信を契約することはありません。

もしこの世から普通の携帯電話が無くなった時、つまりスマートフォンしか売らないという時代になったとしたら、もう携帯電話そのものを持たないでしょう。

まだ十分ではない!曙光 330


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ