ただのゲーム機とレイトマジョリティ

数年前だったと思いますが、宣伝だけうまい会社の人が
「現代のビジネスマンはiPhoneとiPadを使いこなして…」みたいなことを言っていました。

僕はただのゲーム機だと思っています。

営業ツールとして少しは使えるかもしれませんが、およそビジネスシーンにはあまり使えないでしょう。
友人の店舗で「会員登録して欲しい」と言われたので、店舗に遊びに行った時に、そこのバイト君にiPadを渡されて、入力させられたときはなんだか違和感を感じましたが、これからはそんな風になっていくのかもしれません。

で、同じような内容の機械を2つ持って「使いこなす」の意味がよくわかりません。
そんなものは剣道で言うところの刀二つの二刀流くらいしか意味がありません。

結局、比較的簡単に操作できるデバイスで最近流行りのものを持てば情報化社会に乗り遅れていない、というような変な満足感を上手く広告しているだけのような気がします。

ちなみに僕も両方持っています。

ただ、95%ゲーム機です。

ビジネスに使うなら小型のネットブックのほうがいいと思います。
文字も打ちにくいし、ショートカットも使えないのですから。

昔、iモードなんかが出だした頃に、月10万円の請求を食らっていた人が、いまこういうものに飛びつくのでしょう。

あの時代はノートでも15万くらいしましたが、中古ででも1台買って、ADSLでも引いたほうがよっぽど安くてより早く、より多い情報量を得れたのです。

結局レイトマジョリティ相手に、上手く宣伝したほうが、儲かるのでしょう。

facebookなんかもレイトマジョリティがだいぶ浸透してきました。

友人が友人のお母さんにコメントもらってる風景などは結構異様な光景です。

変にビジネスツールみたいに使われていてなんか嫌ですね。

イベントのお誘いも、あれで済まそうという人が増えてきました。
僕は、そういうお誘いは全て無視しています。
なんだか数打って当たった人みたいじゃないですか。

あと、ライングループも必ず不参加、と決めています。
心の弱い群れたがりの中学生みたいなことはしたくないのです。
そして、そこでやりくりされている内容はたいてい「おもんない」のです。

僕はたくさんの友人や知り合いが欲しいと思いません。
少数精鋭が一番いいと思っています。
本当にウマが合うか、深いところまで話し込める人が数人いればいい。
そういう人とまた出会うために、いろいろな人と絡むのはいいことだと思いますが、
SNSで何人と友達であろうが、広告の対象になるだけのような気がします。
別に特別僕に向けて発信していないのですから。

結局レイトマジョリティの浅いところでの自己満足なのです。
アーリーアダプターやアーリーマジョリティの方はおそらく辟易しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ