すこぶるブルーな日には

気持ちというものは浮き沈みしやすいかと思います。

感受性が強ければ強いほど、外部現象の影響は強く、それによって気持ちが変動します。

その気持ちの揺れ幅が少ない人が「鈍感な人」「図太い人」などと言われます。

それはそれで才能なのですが、ともすれば、ただの「相手の気持ちがわからない人」になってしまいます。

うじうじ考えずに動けるのは才能ですが、考えない故に人にダメージを与えてしまうことがあります。

感受性が強いいわゆる繊細な人は、繊細さを極めることによって、感情の変化にとらわれない人になります。

図太い人も、感性が磨かれていけば、相手のことも考えられる人になります。

スタート地点は違いますが、ともに成長すれば、同じような人格に近づいていきます。

登り口は違えど頂辺は一つ、みたいな感じです。ただ、唯一絶対の地点があるのかどうかはわかりません。

すこぶるブルー

極めてブルーになる時はあると思います。

一番ひどいのは「俺はなんてバカだったんだ」と気づく時です。

おしゃれな服を着て、高そうな店で、キザなセリフを吐いてみたものの、「鼻毛が出ていた」、というのは実際にあった話です。

今すぐ、穴を全速力で掘って入りたい気分になります。

それが叶わないなら、いっそ地球が滅亡して欲しい、とでも思います。

しかし、そんな出来事が人を成長させます。

たとえば、電車の中で英書を読んでいたとしましょう。

人に見られるために読んでいます。

かっこいい人の条件として、
「英語が話せる人」「ピアノが弾ける人」
というのを、昔雑誌で見たからです。

それを暴露されるような出来事が起きたとしましょう。

その時、泣きたくても涙も出ないほど恥ずかしくなります。

その時に考えます。

「俺は何がしたかったんだろう?」

そう気づければ、そこで終わります。

そこで気づけない場合、絡むコミュニティを変えるなど、フィールドを変え、また、手を変え品を変え、同じようなことをしてしまいます。

恥ずかしさほど、人を急激に成長させてくれるものはありません。

すこぶるブルーな日には、それを利用してみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ