すこぶるブルーな日には 改

生きてる時に終わるのか、死んだ時に終わるのか、それはまちまちですが、全てのモノや人、自分と関連する事象とはいつかはお別れしなければなりません。それをアイツは「悲しいこと」と判断しますが、悲しんだところで何をどうこうはできません。その事実をしっかり見ていたのなら、焦る必要もなくなり、モノへの執着もなくなり、思い返せば全ては流転していた、同じように見える人や現象も、すべて同じものではなかった、それをつなげていたものはただ単に記憶という「アイツ」の機能だった、ということに気づきます。

じゃあ、なぜわざわざ苦しい「悲しい」という感情はあるのでしょうか。

考えなくてもいいのですが、ちょっと考えてみると、「盛り上げるための演出」くらいに思うとちょうどいいのかもしれません。

物事には始めと終わりがあります。終わりは始めと一直線でつながっています。

いずれ終わってしまうのだから、とすべてを虚無的に見て何もしないというのも、選択肢の一つかもしれません。

しかし、間には経験があります。常に今しか感じることはできません。

そうなると、「いずれ終わってしまう」というのは事実であっても現時点での予想、妄想というふうに捉えることもできます。

いずれ終わってしまうけど、確かに今そこにある、そこにあることは事実ではないかもしれませんが、今、自分が「感じている」ことだけは、存在の証明の必要もありません。ほかの人の意見は全く関係ありません。即時的なので、本来的に他の人どころか自分の考えも侵入できない領域です。

そう思うと、何も恐怖心にとらわれることなく、すべてを大切に思えるのではないでしょうか。

無くなることへの恐怖心と、今感じている愛情は別物です。

これを混同してしまうと、トンチンカンな「今」ばかりが続くことになるのでしょう。

そして記憶に限って言えば、その解釈でいかようにも価値は変わってしまいます。

終わりよければ

人から「結果的によかったね」といわれる必要はありません。

自分の中でどのように解釈結果が存在しているかによって(実際はそんなものはありません)、楽しかった思い出もただの辛い思い出になってしまいます。

仲の良かった人達と喧嘩別れしてしまえば、その人たちとの「思い出の写真」は、ただの嫌がらせ材料にしかなりません。

直近までは、「よい思い出」だったものが、急に180度転回して「苦しむだけの思い出」になってしまいます。

そして、当の写真は役目を終え、破棄されたりします。

しかし、これも変な話です。

ふとした現象で解釈が変わり、起こる感情の種類が変わってしまいます。

人に限って言えば、論理性も一貫性がありますが、思い出といまのその人とは本来別のもののはずです。

それを関連させるものはなんなのでしょうか。

そんなことをふと考えたことがあります。

やはり好きな気持ちは変わらない

未だに同じタイプの人に出会ったことはないのですが、僕はかつてお付き合いしていた人から、誕生日にメッセージをもらったり、年賀状が届いたりします。それも一人や二人ではありません。

「そんなことはありえない」

そう言われることがよくありますが、実際に起こっているのだからこちらは返答に困ってしまいます。

特にいまさら何をどうこうするつもりはないのですが、知らぬ間にオス、メスの次元を超えて仲良しになっていたのでしょう。

僕は昔から「離したくない」という気持ちがありません。

そのせいで勘違いされてふられたことはありますが、以前、その相手ともふられたあの日から十数年経ってから再会しました。

とうの昔に人妻になっていたのですが、再会当日の僕はあの当時の僕に返ったような気持ちになりました。

僕は十代の頃のように、待ち合わせ1時間前に集合場所に行ってソワソワする、ということを経験しました。

実際に会ったのは、モノの数時間でしたが、今、幸せそうに暮らしている彼女を見て、最大の至福を感じたのは言うまでもありません。

過去記事⇒すこぶるブルーな日には


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ