ここで新しい理想がつくられる

恋愛状態のとき、自己の人生の決断を下したり、激しい気まぐれのために自己の伴侶の性格を断然決定してしまったりすることは、許されるべきことではない。われわれは、愛人同志の誓いを公に無効であると宣言し、彼らに結婚を許さないようにするべきであろう。 曙光 151 前半抜粋

性格も傾向はある程度固定的なものであっても、表に現れる行動などは一様ではありません。そのかかる負荷度合いが弱かったり、単発なら怒ることがなくても、様々な種類の強いストレスが連続して起こると、優しい人でも怒り出すことは当然に考えられます。

特に恋愛に酔っているときは、意識の大半が麻痺しています。その半麻酔状態だからこそ許容できることでも、その麻痺がなくなった時には耐え切れなくなるかもしれません。

恋愛に酔いを利用する

ただ、この麻痺状態を大いに活用して、普段なら許容できない「食わず嫌い」をたくさん経験してみるというのも良いのではないでしょうか。つまりは独りならば絶対にしないことでも、酔った状態なら相手に合わせて「やってみよう」と思います。これを大いに活用してみるという手です。

ただ、それでも嫌いなものを好きになることはあまり無いでしょう。相手に合わせて「楽しんでいるフリ」などはやめておいたほうがいいと思います。一応経験してみても、結局はそんなに楽しくはないのですが、そういう時には、「一人で行ってくれ」と言えるようにならねばなりません。それで嫌われるようならその人と関わらなくていいでしょう。

頼り頼られること

特に相手に頼れること、頼られることに酔うことは一番危険です。頼られていることに喜びを感じていても、それは錯覚であり、酔っ払っているだけですから、徐々に解除されていきます。そうなった時はただのお荷物です。相手への酔が冷めた時、相手に対して排除の欲求、つまりは怒りでいっぱいになります。

病や急なトラブルならいいですが、常日頃から人を頼る人は、頼る必要がなくなった時、もしくはもっと頼れる人が現れれば、去っていきます。そういう気質を持っています。つまりは踏み台にされているだけなのだから、ただの厚かましい乞食だと思いましょう。

好きな人に出会ってもいないのに、結婚がしたいと思うことは、「誰でもいいから頼ろう、縋ろう」ということと同じことです。誰かに仲介してもらわねばならないような人たちは、相手も「好きな人に出会ってもいないのに、結婚がしたいと思う人」であることは間違いありません。ということは、お互いに頼ろうとしているのだから共倒れになります。

シラフで決める

さて、酔っている時に決断を下してはいけない、ということはシラフで決めなければならないということです。特に酒に酔っているときは酔いがブーストされますからもっとダメですね。恋愛状態にある時は、意識が変性しています。それはそれで耽美なものですが、それは酔いであることには変わりありません。

浪人生が酒を飲んで入試を受けに行くのは合格を諦めた時であり、後に「飲んで受けてやったぞ」と自伝を語るためくらいなもので、本気で合格したいときにはシラフで行くでしょう。それと同じように、シラフで決めなければなりません。

そこで目安になるのが、相手と一緒にいて、1時間でも2時間でも沈黙が気にならない状態で、勃つのか、という点です。

もうほとんど残が残っていない状態でも、気持ちは前に向いているのか、という点です。男性ならば、一番理性的になれる瞬間です。それが体調によって多少の変動はありつつも、毎日そういう状態にならないのならば、公の宣言は無効です。

ここで新しい理想がつくられる 曙光 151


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ