けち

買い物のとき品物が安いとわれわれのけち振りは増して来る。― なぜか?小さな値段の差が、たった今けちの小さな眼をこしらえたからであろうか? 曙光 305

ニーチェの「曙光」には、今回のように「けち」や「浪費」という言葉がちらほら出てきますが、やはりそういう言葉が出てきた時はたいていお金にまつわるテーマになります。といいつつ「見え坊で、けちで、賢くない」の時は、パンチングマシーンの話になりました。

特価 処分品

買い物の時、「本当に必要なもの、欲しいもの」それを突き詰めると、たいてい何も買わずに帰ることになります。

「まあ、あった方がいいだろう」

というレベルのものすら買わない、ということを徹底すると、おそらく何も買わずに帰ることになります。

その時に「特価 処分品」だからといって買う、ということすらしてはいけません。しかしその文字を見た時に、一瞬「買おうか」と思ってしまう意識を見逃してはいけません。そういう時こそ観察のチャンスです。

「買ってもいいのに、渋るなんて我ながらけちくさく感じるなぁ」

という感想が起こるかもしれません。

「100円だからいいだろう」思想

しかしながら、浪費家、借金体質の人は、まさに「問答無用」で買います。なぜなら「100円だからいいだろう」という思想を持っているからです。「お金を貸す人借りる人」でも触れましたね。

浪費家は「使うことがなくてもいい、この価格だから」

と思っています。これが「100円だからいいだろう」思想です。

そういう時は、まず買わずに一回帰ってください。

そして欲しければもう一回、買いに行ってください。

面倒くさいでしょう。

その「めんどくささ」がよい判断基準になります。

これは人に怒り散らす、という時にも使えます。

まずは腹がたっても、その場では怒り散らさない。

そして、一回その場を離れて、できたら3日くらいおいてから、それでもまだ怒りが来るなら、なるべく怒りを抑えて理性的に「やっぱりおかしいぞ」と言う。

そんなことをアランが言っていました。いや、アラン以外にも提唱した人はいるでしょう。

「だって欲しいもん!それにこの価格なら別にいいじゃないか!」

と、なっている所に、価格ではなく「めんどくささ」という費用を付加することによって、擬似的に「特価」を通常価格水準にしてしまうということです。

厳密に言えば消費行動は浪費だらけです。

浪費とケチ、ケチと節制を論ずる前に、一度は試してみたほうがいいでしょう。

無駄にならずに残ったお金は、最強の代替性があります。

ということは何にでも使えるということです。

それなのに特に何にも使わない。

ということは自然に貯まります。

自然に貯まっても、また使わない。

どんどん貯まります。

そのような具合で、貯まったお金を使い切れなくなります。

「このままじゃ貯まりっぱなしだなぁ」

ということになります。

その時点で、けちくさい考えはどこかに行っているでしょう。

けち 曙光 305


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ