あの遊園地のこと

ここ数年も遊園地には行っていません。いつも遊園地、ではなくテーマパークの帰りに思うことといえば、「よくよく考えれば何が面白いのかわからない」くらいなもので、アトラクションを分析して、「結局なんだったんだろう」という感想がせいぜいです。

遊園地といえば、一番好きだったのが神戸のモザイクにある観覧車の下の遊園地です。

あれくらいの規模が一番落ち着くのは僕だけでしょうか。

神戸のきれいな街並みが一点、幼稚な世界に帰る大人が一名ないし二名。そのコントラストが非常にたまらなかったのですが、今はなくなり、アンパンマンミュージアムになってしまいました。

小学校の6年生くらいの時に学校からエキスポランドに行きました。

風神雷神Ⅱやオロチなどの凄まじいジェットコースターがあった遊園地です。

テーマパークのアトラクションは「子供だまし」感が拭えませんが、これらのアトラクションは本気としか言いようがありません。

確かその時は、「風神雷神Ⅱには乗らないように」という学校からの指示がありました。

昔からジェットコースターには乗ったことがありませんでした。

ただでさえ「オエー」っとなる系の乗り物は苦手です。同級生から「口から内臓が飛び出そうになる」と聞いていた僕は、恐くて乗れませんでした。

学校の指示を守らずに、何人かが風神雷神Ⅱに乗りました。

僕は指をくわえてみているだけです。

絶叫しています。しかし、帰ってきた頃にはすっきりした顔をしていました。

「どんな感じなのだろう」僕は、この疑問を抱えたまま、その後十年近く過ごしてしまうことになります。

「いつか大人になったら風神雷神Ⅱ、オロチにチャレンジしてやる!」

そうあのエキスポランドで誓ったにもかかわらず。

その後、ユニバーサルスタジオジャパンにハリウッド・ドリーム・ザ・ライドというものができました。

「落ちるときに声を出せば、マシになる」

そんなアドバイスをもらった僕は、その時初めてジェットコースターに乗ることになります。

両耳からエミネムが聞こえます。

胸は高鳴ります。

どんどん空が近づきます。

そして、史上最大級の絶叫を上げて、ぐあーっと夜のUSJを舞うのでした。

すっかりジェットコースター慣れした僕は、それからちょくちょく乗るようになりました。

そんな時にふと思い出しました。

「オロチと風神雷神!」

次の休みにでも行こうと検索してみると、エキスポランドは廃業されていたそうでした。

もうあの誓いは100%の形では実現できなくなってしまいました。

いいじゃないか!ホワイトサイクロンがあるんだもの!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ